平成30年8月29日 第4回木構造テラス定期スクール

8/29木構造テラス定期スクール
「大橋先生から中規模木質構造建物の保有水平耐力計算を学ぶ」

講師:大橋好光先生(東京都市大学工学部建築学科教授)

木構造テラス定期スクールは、大橋好光東京都市大学工学部建築学科教授を講師に迎え「中規模木質構造建物の保有水平耐力計算を学ぶ」と題して2講義を開催いたします。

住友林業が多様な生物のすみかとなるような街「環境木化都市」を目指し,2041年まで東京・丸の内に高さ350m、地上70階建の木造超高層ビル「W350計画」を発表するなど、多層木造の動きが加速している。一般的な木造建築の場合、高さが31mを超えないと、いわゆるルート3の設計、すなわち保有水平耐力計算は必要とされないが、木造建築向けの保有水平耐力計算を整備する時期に来ている。今回の定期スクールでは、

「保有水平耐力計算の概要と木質構造の靭性設計」と題し

  1. 保有水平耐力計算の概念
  2. 耐震等級と保有水平耐力計算の関係
  3. 集成材等建築物としてC0=0.2で設計した建物の安全性
  4. 中層木造設計時の必要耐震性能
  5. 保有水平耐力計算の結果と実大実験結果との相関性

 

「木質構造の保有水平耐力計算(ルート3)について」と題し

  1. 木質構造の層としてのDsの定め方
  2. RC+木造とした場合の剛性率とFe割増の考え方
  3. 増分解析による場合,崩壊メカニズムに至ったと判断する根拠
  4. 中層木造でルート2とルート3の選択目安
  5. 中層木造をルート3で計算する場合の注意点

などを講演していただく予定にしております。

 

また、質疑応答の時間を十分に取りましたので、大橋先生にお聞きしたいことがありましたら当日、事務局に質問事項をお渡しください。

皆様のご参加をお待ちしております。

※同日午前中に、実務者の会を予定しております。
こちらは後日別途ご案内、スクール申込とは別で改めて申込を受付いたします。
ご案内までお待ちください※

プログラム

13時30分~13時35分 主催者挨拶
13時35分~14時50分 保有水平耐力計算の概要と木質構造の靭性設計
14時50分~15時 休憩
15時   ~16時20分 木質構造の保有水平耐力計算(ルート3)の重要性
16時20分~16時40分 質疑応答
16時40分~17時 休憩(名刺交換も含む)
17時   ~17時25分 岡部製品紹介
17時25分~17時30分 主催者挨拶

開催日

8月29日(水)※予定しておりました28日(火)より変更しております。

会場

㈱ジャパン建材大会議室(18階)

会費

木構造テラス会員¥1,000(資料代込)

【サブテキスト販売のお知らせ】といたしましたが
今回、配布資料としまして大橋先生監修の月刊建築技術2018年6月号を
手元資料といたします。

会費(資料代)として¥1,000頂戴いたしますので
おつりのないように準備をお願いします。
※2冊目をご希望の会員様は¥1,600で販売致します。

※今回直前での資料変更となりましたので
月刊建築技術2018年6月号をご持参いただいた会員様は
会費(資料代)は無料とさせていただきます。



ここから先のコンテンツは木構造テラス利用会員様のみ閲覧できます。

既に会員の方はログインして御覧ください。
入会ご希望の方はこちらから入会手続きをお願い致します。